ロシア語講座受講生の交流会

 3月19日(土)午後、ロシア語講座受講生の交流会を神戸市教育会館で開催しました。クラスに分かれて授業を行うために一同に会する機会がありませんので、受講生同士の交流をはかるために企画しました。交流会には第104期ロシア語講座(昨年10月〜今年3月)の受講生を中心に、独学でロシア語を勉強している方や以前に講座を受講していた方など総勢20名が参加しました。
 まず参加者がロシア語を交えて自己紹介をした後に、ロシア語の単語を使ったビンゴゲーム、ロシア語で質問をして動物の名前をあてるゲームをして楽しく、そして勉強になるひとときを過ごしました。コーヒーブレイクの後に、ロシアでも知られている「恋のバカンス」と、ロシア民謡「おおマローズ(厳寒)よ!」をロシア語で歌いました。来年のもみの木まつりまでに練習をして、歌ってくれる方が現れることを期待します。
 最後にロシア語講座で3年間会話クラスを担当されたエレーナ先生と、2年間中級会話クラスを担当されたサーシャ先生に協会から記念品を渡し、記念撮影をして、別れを惜しみました。
 交流会終了後には有志による懇親会も開き、親睦を深めました。


追記 エレーナ先生は3月25日に、サーシャ先生は3月31日に帰国されました。お二人の今後の更なるご活躍をお祈りし、そしてどこかでまたお会いする機会があることを願っています。





戻る