橘武史理事長
ロシア連邦友好勲章授与式

2008年5月20日(火)
在大阪ロシア連邦総領事館にて


私たちの兵庫県日本ロシア協会で50年間にわたって日ソ・日ロの友好に努めてきた橘武史理事長にロシア連邦友好勲章が授与されることになりました。
式は在大阪ロシア連邦総領事館で行われました。まずは、イワン・プロホロフ総領事よりご挨拶、プーチン大統領の大統領令朗読がありました。
そして、橘理事長に友好勲章が授与されました。おめでとうございます。
橘理事長からこの50年間を振り返って謝辞が述べられました。この勲章は、橘理事長だけのものでなく、これまで協会を支えてきた多くの方のものである、という内容でした。
モスクワ音楽院付属中央音学校への留学経験もある有馬みどりさんに橘理事長の叙勲を記念して懇親の演奏をして頂きました。
そして、懇親会ではまず津田会長に、この友好勲章がどれだけ素晴らしいものか、そして橘理事長には体調を戻してもらい、さらに日ロ友好に活躍してもらいたい、という内容の祝辞を頂きました。
前島浩一神戸市市会議長の発声で乾杯です。
皆が橘理事長に、体調を気遣いながら、叙勲のお祝いを述べました。
橘理事長も、この50年間を心の中で振り返りながら感無量の様子でした。
橘理事長、本当におめでとうございます。体調を取り戻し、さらに日ロ友好にご活躍下さい。

橘理事長への叙勲にご努力頂いたプロホロフ総領事、叙勲式を準備頂いた総領事館の皆さん、そしてご出席の皆様・記念品代をお寄せ頂いた皆様に感謝申し上げます。


戻る